薬局で買った薬にも医療控除を適応

病院に行けば診察代やら初診料やら薬代やら色々と支払いが重なります。
この中で診察代金などは診察内容などによって健康保険などの保険が適応され支払う金額が控除されます。
これはきちんと国民健康保険などに加入しており保険料をきちんと納めている場合に限ります。
その他にも保険が適応されない高額医療なども申請を行えば使用した金額によりますが控除を受けることができ支払った高額医療に対する控除金が返ってくる場合があります。
その中で、昨年法律が改正され病院の医局や町の薬局などで購入した薬に対しても医療控除を適応することが可能となりました。
対象になる商品は個人でも購入後に簡単にわかるようになっています。
購入後にレシートを見ればどの薬が対象となっているのかが最近では必ず明記されています。
このレシートを捨てずに集めていれば医療控除を受けることが可能です。
医療控除の対象となるにはある程度の金額分を購入しないといけません。
金額設定などは簡単にインターネットで調べることができます。
家庭で購入した薬も医療控除の対象となっています。

歯ならびを美しく整えるクリニック

大泉学園駅より徒歩1分の歯医者さん

神奈川県大和市の総合治療ができる歯医者さん「つるま歯科医院」

患者様と二人三脚で取り組む三権茶屋の歯医者「ふじい歯科」

痛みの少ない治療を提供する下総中山すぐの歯医者「岡本歯科クリニック」

最新投稿